>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


10万円が30億円!?

中国株は短期間で勝負です!
短期急騰「中国株レポート」
有名金融雑誌も大絶賛!

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

期間限定の特別キャンペーン
先着30名様になり次第、
総額5万円のプレゼントが締め切りに

今回限り、入会金2万円が無料!
「プロの投資術」(定価3万円)プレゼント!
5万円得する、特別キャンペーン

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


300%、400%UPの最高の中国株情報

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら



<複利のマジック>

株式投資に不可欠な考え方として大切なのが、投資で得た利益を再投資するという複利という考え方です。
アメリカの科学者であるアインシュタイン博士は「今世紀最大の発見は?」と聞かれて「複利」と答えています。

ロスチャイルドも「世界の7不思議はなんだ?」という質問に対して、「それはわからないが8番目の不思議は福利だというのは確かだ」と答えました。

世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェットはそんな複利を利用して、投資で大成功しました銀行預金と関係した印象の強い「複利」ですが、株式投資でもその魅力を最大限に引き出すことが可能です。

株式投資での「複利の力」は「再投資・長期保有の力」と言う事です。売却益や配当など収益が出た分を、再投資して、次第に投資することにより、金額を増やしていくことができるのです。

<複利について>
1,000,000円を利回り30%で複利運用すると20年後に190,049,638円、約190.05倍になります

<1,000,000円を利回り30%で複利運用>

合計 利益
0年後 1,000,000 0
1年後 1,300,000 300,000
2年後 1,690,000 390,000
3年後 2,197,000 507,000
4年後 2,856,100 659,100
5年後 3,712,930 856,830
6年後 4,826,809 1,113,879
7年後 6,274,852 1,448,043
8年後 8,157,307 1,882,455
9年後 10,604,499 2,447,192
10年後 13,785,849 3,181,350
11年後 17,921,604 4,135,755
12年後 23,298,085 5,376,481
13年後 30,287,511 6,989,426
14年後 39,373,764 9,086,253
15年後 51,185,893 11,812,129
16年後 66,541,661 15,355,768
17年後 86,504,159 19,962,498
18年後 112,455,407 25,951,248
19年後 146,192,029 33,736,622
20年後 190,049,638 43,857,609

中国株においては、新興市場の株でなくても、デイフェンシブ銘柄でも年間の上昇率が30%といいう銘柄は数多くありますので、中国企業の将来の政策等をしっかり見極めて投資をすることにより、小額の投資であっても非常に大きなリターンを期待することができます。


中国の株式市場は「中国本土」(上海・深セン)と「香港」の2つの市場から成り立っています。日本人が投資できるのは「上海B株」と「深センB株」と「香港株(メインボード・GEM)」ということになのます。
A株市場
中国の人と中国政府に認められた海外投資機関などが買うことができ、中国の大企業の殆んどがA株市場に上場していると言えます。
B株市場
将来的なA株市場開放の試験的な市場と考えられており、A株市場との合併が予測される。
市場はA株市場の10分の1程度の規模です。中国人と外国人投資家が投資できます。
ST制度
BPS (1株あたり純資産)が株式の額面を割れる場合等、一定の条件に当てはまる株は、株価の値幅が上下5%(通常は10%)にされます。そして、2年連続で赤字になった後、3年目も赤字になれば上場の一時停止処分、6ヶ月以内、経営が黒字化にならなければ上場廃止ということになります。
香港
香港は1997年に中国に返還され、アジアの金融の中心として重要な役割を担っています。
中国ではあるが、資本主義経済を基盤としている為、アメリカ市場などとの連動性が高い。
メインボードとGEM市場に分けられている。
メインボード
日本でいえば、東証1部と2部のような市場
GEM
日本の新興市場という位置づけになります
香港市場(メインボード・GEM)に上場されている株は登記地によってグループ分けされています。
H株
中国本土に登記地がある中国本土企業。A株市場でも発行している企業も存在しています。
レッドチップ
中国資本が35%以上でバハマ・ケイマン諸島・イギリス領バージン諸島などのタックスヘイブン(税金が全くかからない・税率が極めて低い国や地域)に登記地がある中国企業
その他
H株・レッドチップのいずれにも属していない企業。海外企業の香港上場企業など


300%、400%UPの最高の中国株情報を手に入れて夢のような人生を送ってください!!

上海、深セン両市場の値幅制限はともに10%と設定されています。香港市場には値幅制限が設定されていません。価格変動が大きいという危険性はありますが、ダイレクトに時勢の評価を適正に企業株価に反映させるという点では優れていると言えます。

中国と香港とでは、市場に時差はありません。
中国・香港市場と日本市場の間には、時差が1時間あります。


中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


タグ:中国株
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。