>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


10万円が30億円!?

中国株は短期間で勝負です!
短期急騰「中国株レポート」
有名金融雑誌も大絶賛!

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

期間限定の特別キャンペーン
先着30名様になり次第、
総額5万円のプレゼントが締め切りに

今回限り、入会金2万円が無料!
「プロの投資術」(定価3万円)プレゼント!
5万円得する、特別キャンペーン

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


驚異の上昇率を誇る中国株で勝負

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら





中国の株式の購入にあたって、1番の問題となるのが情報です。
日本のテレビ、新聞などで報道される情報やニュースは制限、情報統制されている場合が多いのです。中国では普通にみんなが知っていることが、日本の報道機関、マスコミが伝えることには限界があります。

確かに、近年の中国企業の情報開示は日本のように厳しく行なわれているようですが、投資家にとっては、日本国内の企業に投資をするようにはいかないと思います。テレビのCMや実際に、その企業の店舗の前を通ったり、商品を手にすることができない環境にあれば不安になるのも当然だと思います。

中国株投資においては、ファン ダメンタルなどの分析よりも、まず情報をいかに正確に速く手に入れるかということが大切なのです。中国では、日本のようにNDA(秘密保持契約)の意識が乏しいのか、企業の正式発表の前に公になっていることがよくあります。

中国株への投資で勝つには「情報を征する」ことが重要なのです。当社からすれば、中国となんら関係を持たない会社が中国株の分析をしているのを見ると、「遅れた情報」を元に分析しているとしか思えません。確かに当社のように、中国国営放送の新華社通信の関係者と太いパイプを持っていると ころは、ほかにないですから仕方がないことですが。

中国は共産主義国家であり、情報統制を徹底している国です。その情報統制の中心に位置するのが中国国営放送の新華社通信です。その新華社通信と太いパイプを持つ、WINTRADEの中国株情報サイトがどれほど価値があるか理解してください。

WINTRADEでは、中国にWINTRADE-CHINAを設立し、更なる事業の拡大、情報収集網の拡大に努めていきます。中国株情報サイトの速報掲示板を設置の予定です。WINTRADE中国株情報ならば他社では絶対に手に入れられない情報を手に入れることができます。



■2006年に続き、2007年も推奨銘柄が短期大幅上昇の連続
大好評だった2006年度の中国株情報でしたが、2007年も「中国株推奨銘柄レポート」がレポート配信後に急上昇いたしました。配信を合図のように、推奨レポート企業の株価が急上昇するという展開が続きました。この流れに上手く乗った会員様は相当、投資資金を増やされたと思います。中国株は情報とタイミングが非常に重要な投資です。投資のタイミングを間違えてしまうと「ビックチャンス」を逃してしまいます。【中国株で大儲けしたい!】【中国株で1億円儲けたい!】という投資家の皆様は、当社の中国株情報を1度、経験してみてください。

■2007年の中国株推奨銘柄レポート、短期急上昇銘柄
2007年も推奨中国株が最高のタイミングで上昇していきました。中国株情報レポート会員様から多くの喜びの声をいただきました。今後も中国市場の動きは活発になり、爆騰銘柄が続出していくことになるでしょう。このバブル相場に最高のタイミングで乗れるように、中国株情報の会員様に最高の中国株情報を配信していきます。


■本格的なバブル前に少額で構いません。中国株を仕込んでください。
中国株バブルが始まります。世界の投資資金が中国株に集まってきます。中国市場は全世界に開放へのカウントダウンが始まっています。オリンピック、万博などの世界的なイベントと伴に世界への扉が開かれます。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスなど短期間で中国株で大きな利益を得ています。日本株スタッフも羨む驚異の上昇率を誇る中国株で勝負してください。少額投資で十分です。日本人からすれば少額ですが、中国人から見れば大金です。



中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

タグ:中国株

300%、400%UPの最高の中国株情報

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら



<複利のマジック>

株式投資に不可欠な考え方として大切なのが、投資で得た利益を再投資するという複利という考え方です。
アメリカの科学者であるアインシュタイン博士は「今世紀最大の発見は?」と聞かれて「複利」と答えています。

ロスチャイルドも「世界の7不思議はなんだ?」という質問に対して、「それはわからないが8番目の不思議は福利だというのは確かだ」と答えました。

世界的に有名な投資家のウォーレン・バフェットはそんな複利を利用して、投資で大成功しました銀行預金と関係した印象の強い「複利」ですが、株式投資でもその魅力を最大限に引き出すことが可能です。

株式投資での「複利の力」は「再投資・長期保有の力」と言う事です。売却益や配当など収益が出た分を、再投資して、次第に投資することにより、金額を増やしていくことができるのです。

<複利について>
1,000,000円を利回り30%で複利運用すると20年後に190,049,638円、約190.05倍になります

<1,000,000円を利回り30%で複利運用>

合計 利益
0年後 1,000,000 0
1年後 1,300,000 300,000
2年後 1,690,000 390,000
3年後 2,197,000 507,000
4年後 2,856,100 659,100
5年後 3,712,930 856,830
6年後 4,826,809 1,113,879
7年後 6,274,852 1,448,043
8年後 8,157,307 1,882,455
9年後 10,604,499 2,447,192
10年後 13,785,849 3,181,350
11年後 17,921,604 4,135,755
12年後 23,298,085 5,376,481
13年後 30,287,511 6,989,426
14年後 39,373,764 9,086,253
15年後 51,185,893 11,812,129
16年後 66,541,661 15,355,768
17年後 86,504,159 19,962,498
18年後 112,455,407 25,951,248
19年後 146,192,029 33,736,622
20年後 190,049,638 43,857,609

中国株においては、新興市場の株でなくても、デイフェンシブ銘柄でも年間の上昇率が30%といいう銘柄は数多くありますので、中国企業の将来の政策等をしっかり見極めて投資をすることにより、小額の投資であっても非常に大きなリターンを期待することができます。


中国の株式市場は「中国本土」(上海・深セン)と「香港」の2つの市場から成り立っています。日本人が投資できるのは「上海B株」と「深センB株」と「香港株(メインボード・GEM)」ということになのます。
A株市場
中国の人と中国政府に認められた海外投資機関などが買うことができ、中国の大企業の殆んどがA株市場に上場していると言えます。
B株市場
将来的なA株市場開放の試験的な市場と考えられており、A株市場との合併が予測される。
市場はA株市場の10分の1程度の規模です。中国人と外国人投資家が投資できます。
ST制度
BPS (1株あたり純資産)が株式の額面を割れる場合等、一定の条件に当てはまる株は、株価の値幅が上下5%(通常は10%)にされます。そして、2年連続で赤字になった後、3年目も赤字になれば上場の一時停止処分、6ヶ月以内、経営が黒字化にならなければ上場廃止ということになります。
香港
香港は1997年に中国に返還され、アジアの金融の中心として重要な役割を担っています。
中国ではあるが、資本主義経済を基盤としている為、アメリカ市場などとの連動性が高い。
メインボードとGEM市場に分けられている。
メインボード
日本でいえば、東証1部と2部のような市場
GEM
日本の新興市場という位置づけになります
香港市場(メインボード・GEM)に上場されている株は登記地によってグループ分けされています。
H株
中国本土に登記地がある中国本土企業。A株市場でも発行している企業も存在しています。
レッドチップ
中国資本が35%以上でバハマ・ケイマン諸島・イギリス領バージン諸島などのタックスヘイブン(税金が全くかからない・税率が極めて低い国や地域)に登記地がある中国企業
その他
H株・レッドチップのいずれにも属していない企業。海外企業の香港上場企業など


300%、400%UPの最高の中国株情報を手に入れて夢のような人生を送ってください!!

上海、深セン両市場の値幅制限はともに10%と設定されています。香港市場には値幅制限が設定されていません。価格変動が大きいという危険性はありますが、ダイレクトに時勢の評価を適正に企業株価に反映させるという点では優れていると言えます。

中国と香港とでは、市場に時差はありません。
中国・香港市場と日本市場の間には、時差が1時間あります。


中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


タグ:中国株

外人投資家が中国株に注目している理由とは?

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら




中国というと、安価な労努力、安価な資源素材というものが、大きく注目されており、海外の大手企業が中国に工場を設立しているという状況にあります。人民元の切り上げが、どれほどの影響を中国経済に与えるのかというのは、詳しく調べることは難しいのですが、広大な人口を有する中国には、人民元の切り上げがあっても、まだまだ魅力的な労働力があると思われます。

中国の経済構造から、人民元の切り上げが悪い影響を与えるといわれますが、まだ、実際に大きな影響が出るのは、大幅な人民元の切り上げが行なわれてからだと思います。

中国企業の多くは、輸出をメインにしている企業が多く、人民元の切り上げにより、輸出産業のメリットが奪われるという見方がされるようになってきましたが、中国産業の技術力も大幅に向上しており、安価で性能の良い商品が海外に輸出されている現状を考えますと、経済の評論家の考えるような、安価な労働力のみだけが売りであると考えられていた中国ですが、商品開発の技術やIT関連の開発力なども、日本の技術を上回るものも数多くあります。

中国政府は、、アメリカのドルを数多く購入しています。そして、2006年には、5000億$までになりました。この購入金額は、日本に次いで、世界第2 位という高水準なのてす。このような状況が、不動産のバブルに影響を与えていると思われます。また、これに注目した、国内外の投資家が不動産投資に投資資金を流入させていることも、バブル景気の要因となっている。過剰投資と言われているところもありますが、世界の投資資金は、更に中国に投資されていくことになるでしょう。




かつて鉄鋼王と呼ばれた菊池寛実は「借金はいくらでもしろ、どうせインフレが進んで、時が経てば借金なんてタダ同然になるんだから!!」と言いました。若い世代の人は、インフレを感じることが無かったに等しいですが、団塊の世代の方は経験しているから分かると思います。経済成長しきってしまった日本では急激な経済の成長、変化を求めてもダメだと思います。相場で成功した人達は、日清・日露戦争第一次、二次世界大戦、朝鮮戦争や神武景気、岩戸景気、オリンピック景気、バブル景気などの経済の波に乗って大成功しました。

日経平均が数千円から3万8千円台まで上昇した誰で勝てる相場、100円で家が買えた時代から、100円では自動販売機でジュースすら買えないインフレを経験してきたのです。

昔、冷凍人間というものがありました。人間を冷凍して仮死状態にして100年後に解凍するというものです。もし、日本の明治時代の大金持ちが100年後の日本を見てみたいと言って冷凍人間になったらどうでしょう。

俺は大金持ちだから銀行からお金を引きおろして車でも買おうとしたら、100円で家が買えた時代の大金 持ちがジュースの自動販売機の値段をみたらびっくりするでしょうね。小学生が小遣いを5000円もらってるときいたら・・・・・。

日本で幾らお金持ちでも、これから円安が進んだらどうでしょう?アメリカに見捨てられたら?北朝鮮に攻撃されて都市が破壊されたら?いくら日本でお金持ちでも、いくら日本企業の株を持っていても一瞬にして何も欲しいものも買えなくなってしまいます。日本は輸入に頼っている国ですから、とんでもない状態になってしまいます。

日本の株を買うということは、日本円を買うということとイコールです。ですから、日本の株がどれだけ上昇しても円安になっていれば損しているのです。政府が介入して、円を安定させている日本ですが、それにも限界 があります。もし、円が見捨てられ、政府の介入がなくなればどれだけ株価が上がったと喜んでも、何も意味がないのです。

ここ数十年、ある程度のレンジで推移しているので想像できないのは仕方がありませんが。円安傾向が続くであろう日本と、更なる上昇が見えている人民元では、どちらに投資することが正しいか考えてください。

高齢化社会、少子化、国の膨大な借金、売れない日本製品、低下する学力、資源の無い国、輸入に頼りきりの経済、北朝鮮にミサイルを発射されても何もできない軍事力のなさ!!日本経済が破綻する可能性は高い としか言いいようがありません。大地震や北朝鮮リスクで一瞬にして円が価値をなくしてしまうことも。分散投資とは、日本国内の銘柄だけではなく、投資する国を分散することも大切です。これから世界のナンバーワンになる中国株に投資していきましょう。




1978年1に改革開放に転じてから、中国の経済成長は凄い勢いで上昇しています。下の表を見てもらえば分かるように、中国政府が目標としたGDPの成長率を上回る成長率を記録しています。2001〜2005年は平均9.5%と目標ラインを上回る成長率です。成長率は速報値で載せています。

GDP【元】 GDP【ドル】 指数(1978=100) 成長率
1993 2998 520 324.9 12.6
1994 4044 469 363.3 11.8
1995 5046 604 398.6 9.7
1996 5846 703 434.0 8.9
1997 6420 774 469.4 8.2
1998 6796 821 501.4 6.8
1999 7158 865 535.0 6.7
2000 7858 949 575.5 7.6
2001 8622 1042 618.7 7.5
2002 9398 1135 670.5 8.4
2003 10608 1282 737.7 10.0
2004 12336 1490 802.2 8.8
2005 13950 1703 874.3 9.0



近年の日本経済の名目GDPは、たいした変化がありませんでした。その間の中国の成長率は、平均10%以上の成長をしており、中国の名目GDPは世界第5位であると言われている。

一方、中国ではこの間、実に3倍にふくれあがっている。年平均成長率は10%。いまや中国の名目GDPは推定世界第5位。日本の50%程度の水準にまで達している。この成長率で中国経済が成長していけば、中国のGDPは数年後に日本を上回ることになります。GDPと人民元の上昇を考えれば、ゴールドマンサックスが発表したように、中国が世界1位の経済大国になることは、ご理解していただけると思います。



中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

タグ:中国株

上海B株指数は約10倍

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら



【北京オリンピック後に変動相場制に移行か!?】

シンガポールにある、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)は、2008年の北京オリンピック後に中国政府が人民元を変動相場制へ移行する可能性があると発表しました。人民元は中国政府によって自国の輸出企業を守るため、人民元を安くコントロールされています。しかし、中国の毎年増加する貿易黒字、それにともなう外貨準備の膨大が、主要各国から人民元に対する批判が高まっています。これにより、中国政府も時期を早めての変動相場制への移行を検討せざる負えない状況になっています。小幅な人民元の切り上げが行なわれた際に中国企業の株価は2倍、3倍と急騰いたしました。それが、全面開放となれば・・・。日本株で大儲けした【外国人投資家】と同じ経験があとわずかで・・・・!!。現在、数万円単位から投資できる中国株も数年後には、何十万円からの投資というものになってしまうでしょう。短期間で保有資産が何十倍になる経験をするチャンスが近いかもしれません。




中国B株市場は、外貨を獲得する調達手段として1992年に設立されました。B株市場には予定していたほどの資金が集まることはありませんでした。外国の資金も流動性が低く、未熟な中国株市場への投資に積極的になることはありませんでした。B株市場は、中国政府のの思惑どうりには成功することはありませんでした。

そこで中国政府は、2001年に中国証券監督管理委員会は、上海B株・深センB株市場の株式購入資格を1部の条件を満たす、国内投資家にも開放しました。。中国政府は、中国在住の国内投資家にもB株市場に投資するチャンスを与えたのです。

一般市民に開放されたB株は、中国一般市民に大変な人気を得ることになりまた。数日間で、数多くの口座が開設され、多くの投資家がB株市場に興味を持つようになりました。

一般の中国人に開放されたB株は、以前の低迷した指数が嘘のように上昇いたしました。上海B株指数は約10倍になりました。このことは、中国市場が抱えていた問題を解決する大きなキッカケになったのです。中国政府の市場統合という、中国経済の発展に欠かせない問題が急速に進むことになったのです。

国際的にも大注目されている中国、数多くの国際イベントが目白押しであり、国内の設備やインフラの設備を整えるためには、大きな資金調達の必要性があるのです。市場の統合に関しては、意見が中国政府の中でも分かれているようですが、今の中国の情勢から考えて、市場の統合という課題は、中国の国際化という未来において必要不可欠なのです。



中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

タグ:中国株

中国株は短期間で100倍以上の株価

中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら


【日本の株式市場で起こったことが、中国株で起こるのです!】

株式投資の醍醐味は、投資した企業が成長して、その企業の商品やサービスなどが世間で広く利用されるようになるなど、自分の投資した企業の成長とともに、投資した資産も増えていくことだと思います。企業の成長性がある中国では、投資した企業が大きく成長して、株価が何倍にも成長して、大きなキャピタルゲインを得ることができる夢の投資が、中国株なのです。

日本では、ソニーが世界的に成長した企業として有名です。ソニーは株価が1万倍以上になった銘柄として有名です。昭和30年、東京通信工業は一株140円程度でした。1,000株を買うのに、14万円が必要でした。当時の物価から考えると非常に高価で、若いサラリーマンの年収に匹敵するほどの金額でした。一般家庭では用意することが大変な金額でした。しかし、14万円で東京通信工業株を購入していたとすると、その後、株式分割等を繰り返して、額面評価額は26億円以上になり、投資をしてから株価は1万8,500倍以上になりました。

ソニーの上昇率は日本から見たものであり、アメリカの投資家が日本に投資していたという立場から考えると、更なる驚きがあります。ソニーの株価が14万円の価値の時、アメリカは1ドル360円の時代でした。日本での14万円の価値はアメリカでは8,000円程度でした。この数字で、当時のソニーに投資したと考えてみると、株価は32万倍以上になっています。

日本の貨幣価値が戦後から、現代にかけて急上昇したのと同じように、中国の貨幣価値も今後、急速に上昇することが予測されます。日本人にとっての10万円の価値と、中国人にとっての10万円では、その価値に大きな違いがあります。今後、人民元が固定相場制から変動相場制に変った場合を考えると、今が絶好の投資のチャンスだと思います。

上記の例は極端という方もいらっしゃいますが、日本に投資した投資家が、多くの利益を享受したことは事実なのです。ソニーのような企業が中国にもあるのではないかと推測することは容易なことです。そして、現代の経済発展のスピードは、戦後の日本とは比べ物にならないくらいのスピードで発展しています。株価の上昇も同じようにスピードアップしていくと思います。

そして、中国企業には近代において、短期間で100倍以上の株価になった企業は数多くあります。中国という国は、実際に投資価値の非常に高い国であることが分かると思います。

中国株投資をする上で注目されるのが配当の高さであります。中国企業の中には、数年の投資で、株式購入金額を超えてしまう銘柄も存在しています。配当利回りが約20%を超える銘柄に投資すれば、5年で配当利回りが100%を超えてしまうのです。これに、複利の理論が加われば、とんでもない資産ほ築き上げることも可能になります。。

中国株投資は、まさに日本という先進国に生まれた、数多くの日本人投資家に与えられたビックチャンスとは言えないでしょうか?北京オリンピック、万博という国際的イベントが控えています。また、、中国政府も解放政策へと移行していますので、中国の経済成長にも大きな影響があります。また、人民元の切り上げにも注目していきましょう。中国という国、中国株というものは、もの凄い魅力のあるものなのです。


中国株バブルが始まります。
世界の投資資金が中国株に集まってきます。

本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。

>>爆上げ寸前!中国株推奨銘柄情報はこちら

タグ:中国株

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。